AOPY の世界遺産訪問報告
                                          モンテネグロ、クロアチア旅行記
BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙

疾走!!AOPY 西バルカンを走る!【3】  

ボスニア=ヘルツェゴビナ、セルビア、コソヴォ、モンテネグロ、クロアチア
アルバニア、マケドニア、ギリシャ(ケルキラ島)
レンタカーの旅

                                 

後編  アドリア海沿岸を走る (1)

今回はモンテネグロ、クロアチアです。
ついにアドリア海に到達しました。ここからは紺碧のアドリア海を見ながらのドライブです。
途中で適当なところで車を止めて泳げます。後編の始まりです!



5日目  ブドヴァ〜スヴェティ・ステファン〜ブドヴァ

ブドヴァの旧市街地。
午後から散策。旧市街地はアドリア海に突き出る形になっています。




すぐ間近に旧市街地を望む、絶好の海水浴ポイントを発見!
ここでひと泳ぎ・・・。





夕方からスヴェティ・ステファンへドライブ。
ブドヴァからアドリア海に沿って10km南に行ったところ。






スヴェティ・ステファンの島を間近に望み、ここでも泳ぎました。





スヴェティ・ステファンの夕暮れ。
泳いでいたら気がつくと誰もいなくなっていました・・・。夕焼けも美しかったです。





夕闇迫るスヴェティ・ステファン。
帰り際、しつこく夜景を撮影。
午後9時半、ホテルへ。





6日目  ブドヴァ〜コトル

次の朝、ブドヴァを後にし、コトルへ。
ブドヴァを出発して20km程行ったところで忘れ物に気づき、ホテルへUターン・・・。
何やってんだか・・・。


世界遺産「コトル」
詳しくは、「AOPYの世界遺産訪問報告」で。
こちら

裏山の城壁に登ってコトル湾を望む。


コトル湾を一周。Perastという村付近。




聖ゲオルグ教会と岩の聖母教会
この辺で2時間ほどひと泳ぎ。





コトルに戻り、湾の一番奥にある山に登りコトル湾全景を撮影。
ヨーロッパ最南端のフィヨルドです。ダイナミックな光景が広がっています。





午後6時、コトルの対岸にあるMuoという村にあるホテルに到着。
コトル湾に面したペンションでした。
たまらず、海に飛び込みまたまた
1時間ほどひと泳ぎ。
手前の椅子とテーブルが僕の夕食の席です。
至福の時間でした!



ペンションの部屋からコトル湾と対岸の町が見渡せました。


7日目  コトル〜ヘルツェグ・ノヴィ〜ドゥブロヴニク

午前8時、コトル湾を眺めながら朝食を。

Muoの村。
午前9時、出発。
コトル湾に沿ってヘルツェグ・ノヴィに向かいます。



そろそろコトル湾ともお別れです。

正午、ヘルツェグ・ノヴィの町に到着。
あまり見るものがなさそうなので、次の宿泊地ドゥブロヴニクを目指してひと走り。



モンテネグロ、クロアチア国境
越境も全く問題ありません。




クロアチアに入りました。
アドリア海が見えてきました。
うおー!モー最高!!


世界遺産「ドゥブロヴニク」の町が見えてきました。今回2度目の訪問です。
詳しくは、「AOPYの世界遺産訪問報告」で。
こちら




午後3時、今日はペンションのプールで泳ぎます。

ペンションからはアドリア海が見渡せます。

2時間ほど泳いだ後、午後6時、町へくり出しました。
旧市街にある城壁に上って散策。


うおー!あんな所でメシ食ってる!!

町が次第に夕日に照らされてきました。
夜の町を徘徊した後、
夜11時ペンションへ帰りました。






8日目  ドゥブロヴニク〜スプリト

次の朝、ドゥブロヴニクの町を後にし、アドリア海に沿ってスプリトの街まで行きます。




いよいよ本格的な海辺のドライブです。

クロアチアの海岸線は、島や半島が複雑に入り組んでいます。

どこでも適当な所で車を止めて泳げます。



Zatonという村。
集落は道路の山側ではなく、海側に点在しています。




他の国と違い標識も見やすく、頻繁にありました。地図は必要ありません。







このような美しい景色が延々と続いています。
やはり行くなら夏です。冬はブーラと呼ばれる強烈な北風が吹きつけています。




クロアチア、ボスニア=ヘルツェゴビナ国境
ここで一旦、ボスニア=ヘルツェゴビナに入ります。
ネウムという、同国唯一の海岸の町です。つまり、ドゥブロヴニクはクロアチアの飛び地なのです。
もちろん越境は特に問題はありません。



ネウムの町。
ここを通らなければドゥブロヴニクに行けませんが、将来島伝いに橋を架け、飛び地を解消する計画もあるそうです。そうなるとネウムが寂れてしまうので、ボスニア側としてはここをスムーズに通過させるよう努めているみたいです。
ネウムの海岸線は14kmほどです。




再びクロアチアに入り、左にアドリア海を見ながらスプリトまで快調に飛ばしています。道路もきれい。

スプリトの街が見えてきました。
アドリア海沿岸で最大の街です。
右手に世界遺産の看板が・・・。





午後3時、世界遺産「スプリト」に到着
詳しくは、「AOPYの世界遺産訪問報告」で。
こちら

到着後間もなくスプリトの海で4時間ほど泳ぎました。
今日と明日ここに宿泊します。
明日はフヴァル島へ向かいます。

つづく



       BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙           
inserted by FC2 system