AOPY の世界遺産訪問報告
 















概要:
スパルタ郊外にあるビザンチン時代の城塞都市で、現在は廃墟となっている。アギオス・ディミトリオス聖堂、パンダナサ修道院聖堂、オディギトリア聖堂、アギア・ソフィア聖堂、ペリヴレプトス修道院聖堂などの宗教施設が残っている。




























































































































概要:
ペロポネソス半島東部にある紀元前4世紀に作られた古代の劇場。14,000人の観客を収容することができ、現在も使用されている。他にも、アスクレピオス神殿、エジプトの神々の神殿、アバトン、トロスの遺跡などがある。


















































概要:
ペロポネソス半島にあるミケーネ文明(紀元前1450年ころ〜紀元前1150年ころ)の遺跡。








































































































































概要:
ダフニ修道院はアテネ郊外、オシオス・ルカス修道院はデルフィの近郊、ネア・モニ修道院はエーゲ海のヒオス島にある。いずれもビザンチン時代のものであり、ギリシャでは11世紀のモザイク画はこの3つの修道院にしか存在しない貴重なもの。

BACK HOME NEXT 旅の随筆
(3)

ビザンチン時代の廃墟の村

ミストラ 

★★★★  2008年3月訪問

感想:
かなり険しい山の斜面にありますので、見学して歩くのには結構体力が必要です。横着な僕は、正面の入り口ではなく、まず一番頂上の駐車場まで車で行き、そこから下りながら見学しました。でもよく考えたら、帰る時に車まで戻らなければなりませんので、結局は坂を上っていかなければなりませんでしたが・・・。廃墟となった教会の内部には聖人のフレスコ画が描かれていますが、目の部分に傷を付けられていたり、えぐり取られたりしていて、ここを征服したオスマン帝国の異教徒によって迫害されていた様子が良くわかります。聖堂や教会などの建物自体は保存状態は良いです。ビザンチン時代の廃墟の村と言うだけで、非常に旅心をくすぐられます。
アクセス:スパルタからレンタカー

  
山の上からの眺め                            パンタナサ修道院の鐘楼部分。

  
ミストラの中でも保存状態が良いパンタナサ修道院。聖人の目が、異教徒によってえぐり取られています。

  
フレスコ画の美術館のようでした。                  

    
剥がされてしまった部分もありました。       激動の歴史を物語っています。

  
ビザンチン様式の修道院                        

  
聖ディミトリオス大聖堂                         今はとてものどかな風景です。

 
結構体力が必要です。                   


ところどころで素晴らしい教会や修道院にめぐり会えます。

 
時間が止まったかのような佇まいでした。           


現在も使われている「築2500年」の劇場

エピダウロスの古代遺跡

★★★  2008年3月訪問
感想:

古代の円形劇場の中でも最大級で、保存状態も大変良好。2500年前の劇場にもかかわらず、現在もオペラや演劇に使われているところがすごいです。最上階まで登るとかなり高く、周辺の景色まで良く見渡せるほどです。座席も通路も全て大理石で造られています。特に音響効果が秀逸で、その最上階でもはるか下の舞台の会話もはっきりと聞こえます。マイクなどは必要ありません。ただし、古代遺跡もおなかいっぱいと言ったところでしょうか・・・。
アクセス:ナフプリオからレンタカー


一番頂上から。かなり巨大であることがわかります。


舞台の人の声が聞こえます。


かなり迫力があります。


円形劇場入り口。


ミケーネ文明の中心

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

★★★  2008年3月訪問
感想:

ティリンス、ミケーネの両方を訪問しましたが、ティリンスはほとんど何も無く、とりあえず看板を写真に撮っておきました。ミケーネ遺跡のほうはかなり保存状態も良く、併設されている博物館も充実していました。あのアガメムノンの黄金のマスクにご対面して感動したら、後であれはレプリカであったことを知りました。本物はアテネの国立考古学博物館にあるそうです。何でこっちに展示しないのでしょうか?遺跡ではライオンの門やアトレウス宝庫が有名ですが、アトレウスの宝庫は入っても真っ暗で何も見えませんでしたが・・・。この2年後にトロイの遺跡を訪れ、僕の中で「イーリアス」が完成しました。車でギリシャの古代遺跡をくまなく周りましたが、最後のほうは飽きてしまいました。まあ、それだけ古代遺跡が多いという事でしょう。
アクセス:ナフプリオからレンタカー

  
王宮の円形墓地                            
 
  
アガメムノンの黄金のマスク(レプリカ)。 


装飾品も豪華でした。


こちらは女性用の冠?

  
併設されている博物館には、非常に貴重な当時の品々が展示されています。

  
獅子の門。                               アトレウスの宝庫


時代を超えて3000年以上前の都市が甦る・・・。


こちらはティリンスの遺跡。


ビザンチン時代の美しい修道院

ダフニ修道院群、オシオス・ルカス修道院群及び
ヒオス島のネア・モニ修道院群

★★  2008年3月訪問
感想:

ギリシャを去る前に最後に訪れたダフニ修道院。クリーム色をした石造りの外壁が美しかったです。残念ながら工事中で、周りにはフェンスが設置されて入れないようになっていました。ドームの天井の有名なモザイク画を見たかったのですが、大変残念でした。丁度やって来たアメリカ人の観光客夫婦がゲラゲラ笑いながらフェンスをよじ登っていましたが、かなり高く断念しました。仕方がないので、フェンスの間にカメラのレンズを差し込んで撮影しました。まあ、アテネからも気軽に行けますし、修復が終わったらまた再度挑戦したいと思います。
アクセス:コリントスからレンタカー



看板を確認。間違いはありません。


入り口のような雰囲気。


修復中ではありましたが・・・。


美しい修道院でした。そして、さようならギリシャ。


BACK HOME NEXT 旅の随筆
inserted by FC2 system