AOPY の世界遺産訪問報告
                                     フランス旅行記
BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙

快走!AOPYフランス北半分を走る!【12】

   パリからぐるっと一周、3000キロ レンタカーの旅     (2014年4月)

前頁からの続きです。朝、ブールジュの街を出発して、シュノンソー、アンボワーズのお城をめぐった後、ブロワ、シャンボール城へと参ります。レンタカーで効率よく周っても、内部見学を含めてせいぜい一日、4〜5件が精いっぱいといったところでしょうか?そのあとは今日の宿泊地、シャルトルの街まで一気に駆け抜けていきます。日没までに着けるでしょうか?「ロワールの古城めぐり」後半のスタートです。


 14日目 ブールジュ〜シュノンソー〜アンボワーズ〜
       ブロワ〜シャンボール〜シャルトル (つづき)

午後2時半、アンボワーズの街を出発。
D952線をロワール川に沿って東に進路をとり、ブロワの街を目指します。
途中、道路が工事中で迂回させられました。


ロワール川を右手に見ながら走っています。

ブロワの街が見えてきました。

20分ほどでブロワに到着。結構エレガントな街です。とりあえず、街を軽く一周。

サン=ニコラ教会が見えてきました。

ブロワ城は街の高台にありました。
ゴシック様式のルイ12世棟。
この地で生まれたルイ12世が1498年から約100年間、フランス王国の第一の城として使用されました。その後、7人のフランス王と9人の王妃が住んだそうです。


ルイ12世棟のファサード部分。
フランボワイヤン・ゴシック様式と15世紀末のルネッサンス様式が見事に融合した独特の建造物。


お〜!優雅に馬車で観光ですか。

ブロワ城入り口の対面にあるマジックの館。
窓から黄金の龍が雄叫びをあげていました。何とも奇怪・・・・。



こちらはフランソワ1世棟。1515年着工。右側に八角形のらせん階段が見えます。フランス・ルネサンス様式の代表的な城です。


午後3時半、ブロワ城を後にして、シャンボール城へと向かいます。


この先の橋を渡って、ロワール川の向う岸に行きます。



橋を渡って今度はロワール川を左手に見ながら走っています。D951号線をシャンボール方面へ。
向う岸のムナールの村に何やら優雅なお城というか館が見えます。Chateau de Menarsというそうですが・・・。
.



お〜、その反対側のノジューの村に、お城というか砦風の建物が!緑の中の古城といった感じですね。

モンリヴォーの村を通過すれば、シャンボール城はすぐそこです。


午後4時、ついにシャンボール城に到着。まずは湖側のほうから。

その反対側の入り口。
残念ながら、修復中のところがかなりありました。











ルネサンス初期の1519年着工、完成したのは1685年のルイ14世統治時代です。128mのファサード、部屋数440、階段の数84、暖炉の煙突の数365。フランス・ルネサンス様式の最高傑作と言われています。

入り口を入ってすぐの居室。グリーンの壁に壮大な絵画が掛けられてありました。


フランソワ1世と親交の深かった、レオナルド・ダ・ヴィンチの設計による二重らせん階段。

階段を上る人と下る人がすれ違わないように設計されています。何とも粋というか、しゃれた発想ですね。こんなところにもダ・ヴィンチの斬新な感覚が息づいています。

らせん階段の中心(芯)部分。
城の屋根まで通じていて、明かりを取る役目も果たしています。










各部屋は意外とシンプルですが、天井部分など粋な装飾が施されています。


動物の剥製も多く展示されていました。シャンボールの領地は、32kmの壁に囲まれ、1000ヘクタールの森があり、鹿やイノシシなどの野生動物が住んでいます。現在では、希少な種の動植物の受け入れ、それらの再繁殖のための保護も行っているそうです。







4階部分にあたるテラスに出ると、その広大なシャンボールの敷地と緑の公園が360度見渡せます。


      
 4階テラス部分から、城の屋根部分と広大なシャンボールの公園を望む。

      
  屋根部分には美しく装飾された天窓、暖炉の煙突、階段の小塔が数多く聳え立っています。

      
  右は中庭側のらせん階段。ブロワ城のフランソワ1世棟にも同じようなデザインの階段がありましたね。

午後5時半、そろそろシャンボール城ともお別れです。優雅で美しいお城でした。

これから今日の宿泊地、シャルトルの街を目指します。ちょっと遠いですが、日没まではつけるかな。

今日の宿は個人の邸宅を間借りするのですが、そこのマダムが7時までにチェックインしてくれとのことでしたが、間に合わないかもしれないので電話を入れると彼女の息子さんが日本に留学していて話が弾み、ついつい長電話になってしまいました。とりあえず親日的な方みたいで、ひと安心。

これから高速道路A10号線を走ります。


先ほどからずっとのどかな風景が続いています。

高速に乗ってオルレアン方面へ。


おおっ!つ、つ、ついにシャルトルの文字がぁ!!

高速道路のサービスエリアで夕食を。
よく考えたら、最近お昼ご飯を食べていませんでした。


今日も最後まで快調に飛ばしています。あくまでも安全運転で。


午後7時半、ついにシャルトルの街に到着。前方にシャルトル大聖堂の二つの尖塔が見えてきました。


シャルトルの街自体もなかなかエレガントな雰囲気です。気品のある邸宅が建ち並んでいます。


宿泊場所に到着。
僕は市内中心部のこちらの邸宅に宿泊。




ママピーとアネピーはそのすぐそばの、こちらの高級?ホテルへ宿泊。
明日は大聖堂を見学の後、モン・サン=ミッシェルまで一気に行きます。


つづく



       BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙           
inserted by FC2 system