AOPY の世界遺産訪問報告
                                                         フランス旅行記
BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙

快走! AOPYフランス北半分を走る!【5】

   パリからぐるっと一周、3000キロ レンタカーの旅     (2014年4月)

今日はアルザス地方です。ナンシーを出発してアルザス地方へ入ると、ドイツ語風の地名が目立ってきます。そして次第に家々や風景もがドイツ風に変化してきました。


 9日目  ナンシー〜ストラスブール

朝8時半、ホテルから徒歩で世界遺産に指定されている3つの広場のうち残る一つ、アリアンス広場へ。ど〜見ても普通の広場でした。


ナンシーの街を後にし、高速道路A33号線に乗ってストラスブールの街を目指します。
ナンシーの街を出る時、一つ右斜め前の車が人をひきそうになって、急ブレーキを踏んだため、後続車が追突するという事故を目撃!この国では歩行者が強引に横断しようとするので、注意が必要です。


高速道路A33号線は途中で終わっていて、一般道を走ります。途中菜の花畑で癒されます。

のどかな田舎の風景が続きます。前方に小さな教会が見えてきました。

街道沿いには可愛らしい教会のある、小さな村や町が点在していました。

今日も安全運転で快調に飛ばしています。
そろそろロレーヌ地方ともお別れです。

ファルスブール付近で高速道路A4号線に乗るべきですが、ここは一般道をそのまま走ってのどかな風景を堪能します。
この緑の丘陵地帯を超えると、そこはアルザス地方です。

午前10時10分、アルザス地方へ入ってきました。
途中で立ち寄ったサヴェルヌという小さな町。
特に何もありませんが、とてもきれいな住宅街がありました。

市街を見渡せる小高い丘の上に、こんな感じのおうちが並んでいました。


サヴェルヌの町を後にして、今度は高速道路A4号線に乗って今日の宿泊地、ストラスブールまで一気に行きます。ここは右折します。


午前11時45分、ついにストラスブールの街に入って来ました。





アルザス地方の中心都市ですので、かなり大きな街なのですが、ゆっくりと流れるイル川の水面に、穏やかな街の表情が映っていました。






とりあえず、街を軽く一周して、ホテルへチェックイン。














ホテルにチェックイン後、とりあえず世界遺産地区である旧市街地、グラン・ディルを目指します。













この街の最大の観光地区、プティット・フランス。

漆喰と木組みの家々が、イル川沿いに立ち並んでいました。

とりあえず、ランチのできるレストランを探して歩きます。

ところどころ修復中の家がありました。かなり古い家々いなので、メンテナンスも大変でしょう。



基本的には壁は大体白ですが、中にはカラフルなものもあります。

このあたりがメイン・スポットみたいです。
平日なのですが、レストランはどこも満員でした。
かと言って、すいているところはアレですし・・・。


とりあえず、黄色の壁のレストランでランチを・・・。まあ、いつものように味はアレでしたが・・・。

今度はイル川沿いを散策。昼食後もひたすら歩き続けます。

イル川沿いに遊歩道が取り付けられてありました。

こちらの家々はかなりカラフルな壁です。


川の上の遊歩道からはストラスブールの典型的な風景が堪能できます。

イル川沿いを散策。

プティット・フランス地区を後にし、川沿いを歩いていると、路面電車が橋を渡っていました。











いも虫みたいな路面電車でした。










     
  今度はストラスブール大聖堂のほうへ向かって歩きます。赤茶色の外観が特徴的です。

       
  身廊から西側正面バラ窓方向を望む。        見事なパイプオルガン。


      
 バラ窓とランセット窓。                     聖人をデザインしたステンドグラス。

ステンドグラスはどれも素晴らしいものばかりでした。

       
 大聖堂内にある天文時計。               祭壇。

       
 西側ファサード部分のティンパヌム。          緻密な彫刻で彩られていました。


南側部分。ヴォージュ山脈から採掘された赤色砂岩で建造され、独特の色合いを出しています。

大聖堂の隣にあるロアン宮。
18世紀にストラスブール大司教だったロアンが住んでいた宮殿で、現在は美術館・博物館となっています。


大聖堂裏手からまたまたイル川沿いを散策。


ハクチョウを追ってまたまたグラン・ディルへ・・・。


かなり西日が強くなってきました。





プティット・フランスまで戻ってきました。






水面に家々が美しく映っていました。












夕日が沈みかけてくると、だんだんおなかがすいてきました。














適当なレストランを探して徘徊中。












右側のレストランでディナーを・・・。プティット・ヴェニスってイタリア料理か!!











夕食後、食後の運動を兼ねてまたまた歩きます。











とても小ぢんまりとした地区ですので、道に迷うことはありません。











夜9時、ちょっと早いですがホテルへ・・・。
明日はブザンソンを経由してブルゴーニュ地方のディジョンまで行きます。

つづく








       BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙           
inserted by FC2 system