AOPY の世界遺産訪問報告
                                                         フランス旅行記
BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙

快走! AOPYフランス北半分を走る!【8】

   パリからぐるっと一周、3000キロ レンタカーの旅     (2014年4月)

今回はディジョンの街から出発して、ブルゴーニュ地方の田舎を周ります。緩やかな新緑の丘陵地帯を登って下って・・・。小さな村々や教会や修道院など、なんと言っても美しい田舎の風景を堪能しながらのドライブです。途中気に入った村に立ち寄る欲張りな旅となるでしょう。今日も安全運転で、軽快に走ります!


 12日目 ディジョン〜フォントネー〜モンバール〜
       スミュール=アン=オーソワ〜アスカン〜
       ヴェズレー〜ラ・シャリテ=シュル=ロワール         

朝7時半、ディジョンのホテルを出発。
高速道路に乗ろうかと思いましたが、ここはやはり田舎道を通って、ブルゴーニュの風景を堪能したいと思います。
今日最初の目的地のフォントネー目指して安全運転で。とりあえず、トロワ方面へ直進です。


田舎道を適当に走っていたら、いきなり菜の花畑が一面に広がっていました。春の日差しを浴びて、美しく輝いていました。

ダロワの村に差し掛かりました。
D971号線を北上しています。途中小さな村々を通り過ぎて行きます。


このような田舎道が延々と続いていました。お天気もいいし最高のドライブ日和です。

ヴァル=シュゾン・オーの村に差し掛かりました。

緩やかな緑の丘を越えたら、はるか前方にセストルの村が見えてきました。


  
  緩やかな坂道を下っていると、丘の上にサン=マルタン=デュ=モンの小さな教会が見えました。


ご覧いただけますでしょうか。はるか前方の丘の上に、風力発電のプロペラが何基も並んでいます。エコに大変力を入れていることがわかります。

サン=セーヌ・ラベイという村です。村の真ん中に教会の尖塔が見えます。
このあたりはパリを流れるセーヌ河の源流地域ですので、何とかセーヌという地名が多いです。

サン=セーヌ・ラベイの村を通り過ぎたら、牧畜関係のサイロと倉庫みたいなものが見えました。のどかな農村地帯であることがわかります。


D971号線を快調に飛ばしています。


シャンソーの村にやって来ました。












クルソーの村を通過します。
ほとんど人が歩いていませんでしたが・・・。


青空と菜の花畑が美しいコントラストを奏でていました。4月中旬ですが、昼間は汗ばむほどの陽気です。












そろそろD971号線ともお別れです。
ここで左折して、D6号線に乗り換え、モンバールの町を目指して一走り!


D971号線よりもさらに田舎道、このD6号線はさらに美しい風景が展開していました。

太陽が高くなるにつれ、日差しが強く差し込んできましたが、道の両脇の木々が、とても涼しげな木陰を作ってくれていました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、緩やかな勾配を下っています。心地よいドライブです。
このあたりから、D19号線に道路名が変わっています。

リュスネ=ル=デュックの村付近を通過。菜の花畑に埋もれた村っといった感じです。











このあたりはブルゴーニュ・ワインの産地だそうです。もちろん今は季節外れではありますが・・・。

フレンヌの村。
間もなくD905号線に合流して、ファン=レ=モンバールの町が見えてくるはずです。


ファン=レ=モンバールの村まで来ました。
モンバールと今日最初の目的地、フォントネー修道院の表示が現れました!


小高い山の中腹まで上がったところで、午前10時ごろ、ついに世界遺産・フォントネーのシトー会修道院に到着!

ファサードのアーチからちょっとのぞき見を・・・。


森の中の修道院構内は静寂に包まれていました。


       
  付属教会。                         シンプルなステンドグラス。

修道院の裏手には美しい芝生がありました。
あくまでも華美な装飾を一切排除した、厳格なシトー会らしい簡素な修道院でした。


鉄を作っていた鍛冶場。水車を動力にしているみたいです。

鍛冶場のある建物の横には、水車がありました。今も動いていました。

池の後ろ側に小さな滝が流れ、美しい修道院と大変マッチしていました。

午前11時、修道院を後にして、次なる目的地、スミュール=アン=オーソワの町を目指します。










モンバールの町が近づいてきました。この界隈では一番大きな町です。

あっ!何か塔のようなものが見えます!!


小高い所からちょっとモンバールの町を眺めます。小さな町ですが、なかなか良さそうな町ですね。

古い家並みと青空がよく似合っています。


町の中心にあるビュフォン公園の教会のような、お城のような・・・。


右側の塔はL'aubespinと言うそうです。
モンバールの町はこの辺で・・・。
午後11時30分、それではスミュール=アン=オーソワの町を目指して出発!


ここは左折してアヴァヨン方面へ。
モンバールの町よ、アヴァヨン!っていう感じです・・・。










モンバールの町を出発して、D980号線を一路南へ。



シュヴィニーの村を過ぎたら・・・。


あっ!何だかおとぎ話に出てくるような町がぁ!!
午前11時40分、ついにスミュール=アン=オーソワの町が前方に見えてきました。


つづく




       BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙           
inserted by FC2 system