AOPY の世界遺産訪問報告
                                                         フランス旅行記
BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙

快走!AOPYフランス南半分を走る!【26】

   ニースからボルドーまで5000キロ レンタカーの旅  (2014年9〜10月)

サン=テミリオンの朝です。世界遺産に登録され、ボルドー・ワインの高級銘柄の町です。今回の旅もいよいよ佳境に入ってきました。今日は午前中町歩きをして、周辺のブドウ畑をドライブしてみます。午後からはいよいよ今回の旅の最後の訪問地、ボルドーへと参ります。それでは今日も安全運転で、最後の町までもうひと走り!


 23日目 サン=テミリオン〜ボルドー

朝10時、ちょっとゆっくりめの朝食を取った後は、サン=テミリオンの町を散策します。
町角には花が飾られていて、とても気持ちのいい町歩きができました。



クーヴァン通りの高台から、モノリス教会とサン=テミリオン旧市街地を望む。


右端の塔は13世紀建造の王の塔。


この町のシンボル、モノリス教会は9世紀の建造で、一枚岩から造られたことからこの名前が付けられました。

町の始まりは8世紀。ブルターニュ地方出身の修行僧、聖エミリオンがこの地に隠遁生活を送った事からだそうです。町の名前も聖エミリオンにちなんでいます。

こちらは市庁舎の向かいにある学校。
街灯の花飾りが素敵ですね。



サン=テミリオンはこの地域の中心になる町で、周辺のワインのシャトー巡りの拠点でもあります。

     
モノリス教会。                      王の塔。


     
石畳の曲がりくねった路地を歩いていると、中世にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。


     
スペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラのへの巡礼路の重要な宿場町でもあります。


さすがはワインの町で、ワインを売っているお店が多くありました。

この町のレストランでは必ずワインを勧められますが、僕は全くお酒が飲めません。お酒が飲めないと言うとこちらの人はびっくりして、相当な変人だと思わるので、車を運転するので結構です、と断るようにしています。


それではこれから周辺のブドウ畑巡りに出かけます。


世界遺産名の「サン=テミリオン地域」は、周辺の8つの市町村を含んでいます。

おお〜、これは高級そうなワインのシャトーですね。

ブドウ畑の奥にはワインの製造・貯蔵などをするシャトーが建っています。

そろそろ収穫の時期が近づいてきています。

実り豊かな肥沃な大地に、ブドウ畑がどこまでも続いていました。何とローマ時代から栽培されているそうです。

マイクロバスなどで、このシャトー巡りをするツアーが催されていました。日本からも多くのワイン愛好家の方々が来られていました。


お〜、これは巨大なワイン・ボトルのモニュメントですね。

整然と並んだブドウの木々と、シャトーへの道。緑のじゅうたんが敷き詰められたような小径です。

たわわに実ったブドウ。収穫も近いです。

ブドウ畑に埋もれるようにして建つシャトー。


この地域では道路標識はシャトーへの標識。
様々なシャトーがあるんですね。


これまた中世のお城のような豪華なシャトーですね。かなり人気のあるシャトーでしょうか?前庭に車やマイクロバスがたくさん止まっていました。

こちらもメルヘンチックなシャトーですね。
付加価値の高いフランスのブドウ作りの農家の方は、大変誇りをもって仕事をされているそうです。


衰退する日本の農業とはかなり違っていますね。

世界遺産「サン=テミリオン地域」の詳しいことは、AOPYの世界遺産訪問報告で。
こちら


レンタカーとブドウ畑。
今回の旅もよく走ってくれました。



それではこの辺で、サン=テミリオンとブドウ畑ともお別れすることにします。午後1時過ぎ出発して、D670号線をリブルヌ方面へ。

いよいよ今回の旅最後の訪問地、ボルドーの文字が出ました。

D670号線を西へ。
ボルドーの街を目指して最後のドライブとなります。


いよいよボルドーの中心街への表示が出ました。
とりあえず予約したホテルのあるラック地区へ行くために、ボルドー市街の北部方面へ。


今回も最後まで安全運転で。

ここは慌てず、メリニャック空港方面へ。

おっ、何だかお城のような建物が見えます。

今まさにガロンヌ川を渡ります。
ガロンヌ川を渡ると、そこは最終目的地ボルドーの街です。ラック地区のホテルにチェックイン後、中心街へ。


午後3時過ぎ、ついにボルドーの街に到達しました!!

と思ったら雨が降ってきました・・・。
ここまでお天気は概ね良好でしたが、最後の最後でついに雨が降ってしまいました。雨男だからしょうがありませんね。



と思ったら止んできました・・・。
ボルドーの街に虹がかかっていました。
まさに、雨のお辞儀ですね。


雨のコメディ広場。
夜も街歩きをしましたが、またまた雨が・・・。今度は本格的に降ってきました。


コメディ広場に建つ大劇場。
ヴィクトール・ルイによって、1773年から7年の歳月をかけて完成されました。
この街にはワイン貿易によって栄えた18世紀に、新古典主義様式の建造物が多く建設されました。

詳しくはAOPYの世界遺産訪問報告で。
こちら


ガロンヌ川に面したブルス広場。
あれ?また雨が止みました。
昼の風景は明日詳しく撮影します。



ミラー・デューからブルス広場を望む。



霧が立ち込めてきました。



壮麗なショーが始まりました。



ガロンヌ川の対岸からピエール橋を望む。明日はいよいよ最終日です。

つづく


       BACK  HOME  NEXT  旅の随筆表紙           
inserted by FC2 system