AOPY の世界遺産訪問報告
 

















概要:
ベリンツォーナにあるカステルグランデ、モンテ・ベッロ城、サッソ・コルバロ城の3つの城と城壁。

















































































概要:
アルプス山脈で最も有名な山。標高4,158m。標高3,454mの地点にあるユングフラウヨッホ駅はヨーロッパで一番高い位置にある鉄道駅で、「Top of Europe」の表示がある。



















































概要:
スイスの首都。時計塔で有名。









































































































































概要:
レマン湖畔に広がるブドウ栽培地帯。
BACK HOME NEXT 旅の随筆
  (2)


三つの城に見守られた古都

ベリンツォーナ旧市街にある3つの城、要塞及び城壁

★★★ 2008年11月訪問

感想:
三つとも城と城壁はよく保存されていますが、グランデの中にはエレベータがあり、高級レストランが入っていました。ちょっと幻滅。城壁からは他の2つの城と町が一望できます。歴史書によりますと、この町の人々は歴代の支配者に何の抵抗も無く素直に従うことによって発展したという、大変珍しい歴史を持っているそうです。

アクセス:ルガーノから電車  


カステル・グランデ


カステル・グランデからモンテ・ベッロを望む。頂上にはサッソ・コルバロ城があります。


カステル・グランデの城壁


グランデの中庭にあるオブジェ。


グランデからの眺め。


生まれて初めて高山病に・・・

ユングフラウ=アレッチュ=ビーチホルン

★★★★  2008年11月訪問

感想:
11月という季節外れに訪れてしまい、あいにくの雪で何も見えませんでした。グリンデルワルド駅で切符を買うとき、駅員さんは「今日は霧と雪で頂上から何も見えませんよ。」と言いましたが、旅程上、その日しか行くチャンスがありませんでした。鉄道でだんだん頂上に近づいてくると、何だかめまいと頭痛が襲って来て、頂上に到着した時はすでにフラフラになっていました。ああ、これが高山病と言うやつか!と何故か感動しました。晴れていたら文句無く5つ星だったでしょう。登山鉄道代は往復2万円也。

アクセス:ルツェルンからグリンデルワルドまで電車、そこから登山電車

 
グリンデルワルドの村を出発。                    ユングフラウ・ヨッホ駅到着。標高3454m。

   
山の内部を走る登山電車。               山頂の施設にあるポスト。どこかで見た覚えが・・・。

  
ここが頂上ですが、何も見えませんでしたので、とりあえず看板を撮っておきました。
いくらなんでも、こんな時期に訪れなくても・・・。


時計の街が緩やかな時を刻む

ベルン旧市街
★★★★  2008年11月訪問

感想:
大聖堂からの眺めは絶景。赤茶色の屋根がまるでおもちゃの家のように整然と綺麗に並んでいます。有名な時計塔やいくつもの綺麗な碑が街にアクセントを添えていました。スイス・パスを持っていましたのでトラムに適当に乗って郊外まで徘徊したのが面白かったです。夜になるとアーレ川の斜面の家々の明かりがとても暖かく癒されました。一国の首都でありながら、これだけ暖かい雰囲気の街はめったに無いでしょう。

アクセス:インターラーケンから電車

 
時計塔                                   なんと子供を食べています!!

 
時計塔と市電
  
時計塔の時計仕掛け                          まさに時計の町。

   
大聖堂からの眺め                             大聖堂のステンドグラス

  
大聖堂と旧市街                               大聖堂のステンドグラス

   
アーレ川に抱かれた旧市街                       アインシュタインの家


川は旧市街を取り囲むように流れています。


1000年以上ブドウ畑を守り続けている小さな村々

ラヴォー地区の葡萄畑

★★★  2008年11月訪問

感想:
この地域はレマン湖からなだらかな斜面になっており、下から登っていくのではなく、上から下ると楽です。従いまして僕はまず、ローザンヌから電車でシェブールの駅まで行き、そこからリヴァ村を通り、キュリーの駅まで徒歩で下って行きました。本当に横着です。所々にワイナリーがあり、とてものどかな雰囲気でした。なだらかな斜面に黄金色の葡萄畑が朝日を浴びて輝いていました。

アクセス:ローザンヌからシェブールまで電車。あとは徒歩。

 
キュリーの村                               ところどころにワイナリーがありました。
 
なだらかな斜面                             看板を目印に。迷う事はありません。


所々に趣のある民家が建っていました。

 

朝日を浴びたレマン湖に向かって、ブドウ畑をてくてく歩いて行きました。



  BACK HOME NEXT 旅の随筆
inserted by FC2 system